【医師監修】ハイドロキノンで全身の黒ずみを消したい!身体の部分ごとに使い方教えます

【医師監修】ハイドロキノンで全身の黒ずみを消したい!身体の部分ごとに使い方教えます

ハイドロキノンといえば、顔へスポット的に塗るのが一般的。
実は全身の美白にもハイドロキノンが使えるって知っていましたか?

ただ漂白効果の高さから、「濃度はどれくらいが安全なの?」と不安ですよね。

そこで今回は、ハイドロキノンで全身を美白する方法を解説していきます。
Vラインやひじ・ひざなど、”体の黒ずみコンプレックス”を解消していきましょう!

【この記事の監修医師】

記事監修医師 私のクリニック目白 平田雅子先生

私のクリニック目白 院長
平田 雅子 先生

1960年生まれ。
医学博士
皮膚科認定専門医 / 日本医師会産業医 / 国際中医薬膳師

日本大学医学部卒業。
東京医科大学付属病院勤務。
同大学助手を退職後、女性専門医療に携わる。臨床の第一線に立ち、毎日500名以上の患者様の診療にあたる。
2003年、医療法人社団 育生会 私のクリニック目白 開設。理事長兼院長。

 

私のクリニック目白公式サイト
皮膚を通して総合的に診察するクリニック。
皮膚を診て薬を出すだけではなく、食事や生活面のアドバイスなど、患者さんの生活をデザインいたします。

スポンサーリンク

全身のくすみ・黒ずみを解消するなら「安定型ハイドロキノン」

全身美白したいなら…刺激が低い安定型ハイドロキノンを。主な商品タイプはせっけん・ボディローション

大前提として、全身に使うなら安定型ハイドロキノンを選ぶのがベターです。
(参考:純ハイドロキノンと安定型ハイドロキノンの違い

純ハイドロキノンを他の成分で濃度を薄めて作っているため、肌への刺激が低いのが最大のメリット◎
場所によって皮膚の薄さが異なる全身にも、肌トラブルの心配なく使えます。

さらに保湿成分抗酸化成分も含まれているので、体のたるみ・しわケアのサポートもしてくれますよ。

また全身に使うハイドロキノン商品を選ぶときは、濃度3%以下に抑えるのがオススメ。
特に肌が弱い方は濃度1%から様子をみて、徐々に濃度を上げていくようにしましょう。

《全身に使えるハイドロキノン商品タイプ》

全身に使用するハイドロキノン商品は、石鹸や化粧水、ボディローションがオススメ。
日本ではほとんど石鹸と化粧水の形で販売されており、ネット通販や店頭で購入できます。

ただしハイドロキノン配合のボディローションは、海外製品が主流。
取り扱いのある日本の通販サイトを探すか、個人輸入代行に取り寄せてもらうといいでしょう。

デリケートゾーンや脇の黒ずみにもOK!ただし【濃度で使い分け】が重要

身体の部分的なシミ・黒ずみには純/安定型ハイドロキノンのどちらも使用OK。主な商品タイプは美白クリーム

体の狭い範囲を部分的に美白するなら、安定型ハイドロキノン・純ハイドロキノンのどちらでもOK

ただし、部分ごとに安全に使える濃度を守るようにしてください。

種類脇・お腹・陰部付近腕・足・背中
安定型ハイドロキノン~8%~10%
純ハイドロキノン~3%~6%

純ハイドロキノンでも濃度5~6%くらいなら全身に使えます(※)が、6ヶ月以上の長期利用は避けるようにしましょう。
※デリケートな箇所への使用はお控えください
高濃度のハイドロキノンを長期使用すると、まだらに白く抜けたり、かゆみや赤みが出る恐れがあります。

特に脇やデリケートゾーンなど、皮膚が薄い部分は成分が浸透しやすいので慎重に!
純ハイドロキノンを使う場合は、必ず濃度3%以下に抑えてください。

もちろん濃度が高いほど効果は出やすいですが、”肌質にあう濃度・種類のアイテムで毎日コツコツケア”が基本ですよ。

《部分に使えるハイドロキノン商品タイプ》

部分使用に特化したハイドロキノン商品は、チューブ入りの美白クリームが主流。

様々な企業が国産で製造・販売しており、ネット通販で安く手に入れることができます。
皮膚科やクリニックなど、医療機関で処方してもらうことも可能です。

(参考:ハイドロキノンクリームとは?シミを消す美白のメカニズムを解説

ハイドロキノンの美白効果が出るまでの期間はどのくらい?パーセント別で徹底解説!

【医師監修】ハイドロキノンの効果・シミに効くまでの期間はどのくらい?パーセント別で徹底解説!

2020年5月27日

【体の部分別】ハイドロキノンの塗り方・使い方

【部位別ハイドロキノンの使い方・手順】全身⇒ムラがないようにパーツごとに塗る ひじ・ひざ⇒皮膚がゴワゴワしてたら… スクラブor尿素クリームでケア わき⇒制汗剤を使用した日はクレンジングで汚れをオフ デリケートゾーン⇒粘膜部分を避けて塗る 異変を感じたらすぐ中止

ここからは、全身の悩み別にハイドロキノンの塗り方を紹介します。

手順やポイントも解説しているので、参考にしてくださいね。

事前のオープンパッチテストは必須!

ハイドロキノンで美白する前に、必ずオープンパッチテストをして「自分の肌に合っているか」をチェックしてください。

<オープンパッチテストのやり方>

目立ちづらい、狭い範囲にハイドロキノンを少量塗る。

※通常の使用方法で2~3日塗ります。
その後1週間程度、湿疹や腫れ・痛みなどの肌トラブルが起きないか様子を見てください。

デリケートゾーンなど服で完全に隠れる場所を除いて、オープンパッチテスト中は必ず日焼け止めを塗るのを忘れずに!
皮膚の変化や体に不調が現れなければ、そのままハイドロキノンを使ってOKです◎

 

▼ハイドロキノンの正しい使い方はこちらで解説しています。

ハイドロキノンの正しい使い方

【医師監修】ハイドロキノンの使い方!安全な塗り方や正しいタイミング、注意点を解説

2020年6月3日

全身

  1. お風呂に入って身体の汚れを落とす
  2. 身体にしっかり保湿剤を塗る
    (お風呂上がりすぐに保湿剤を塗ると効果UP)
  3. 全身にハイドロキノンを塗る
全身にハイドロキノンを塗る場合は、塗りムラがないように腕、脚、おなか…と、パーツごとに塗りましょう。

特に皮膚が薄い部分(デリケートゾーンや脇など)は、慎重に塗るのがポイント。
ただしピリピリ感や赤みを感じたら使用を中止するか、濃度1%以下のハイドロキノンを使用してください。

敏感肌におすすめのハイドロキノン商品は?

肌の弱い方は、ハイドロキノン石鹸を使うのもアリ。
使ってすぐに洗い流すものなので肌荒れが起こりにくく、デリケートゾーンやわきなど皮膚の薄いところにも使用できます。

ハイドロキノン石けんで身体を洗う際、石鹸をネットで泡立ててなでるように全身を洗ってください。
入浴後は、全身をしっかり保湿するのも忘れずに。

敏感肌でもハイドロキノンは使える?

【医師監修】敏感肌向けハイドロキノンの選び方!注意点を知って安全に美白ケア

2020年6月22日

デリケートゾーン(Vラインや足の付け根など)

  1. お風呂に入り、デリケートゾーンを洗う
    (熱すぎないお湯またはデリケートゾーン専用ソープでやさしく洗うこと)
  2. 保湿剤でデリケートゾーンを保湿する
  3. ハイドロキノンをやさしく塗る
    ※粘膜部分は避けてください

デリケートゾーンにハイドロキノンを塗るときは、擦り込まずにやさしく塗ってください。

デリケートゾーンの皮膚の厚さは、まぶたくらいの薄さ。
全身の中でも特に刺激に弱いため、ハイドロキノン使用中にピリピリしたり、かゆみや痛みを感じやすい部位です。

小さなことでも異変を感じたら、すぐにハイドロキノンの使用を中止してくださいね。

 デリケートゾーンはなぜ黒ずむ?

デリケートゾーンの黒ずみの多くは、ひじやヒザと同じく日常の摩擦によって引き起こされています。
無理なアンダーヘア処理、きつい下着の着用、トイレットペーパーの乱暴な使用など…。

肌は潤いを失うとバリア機能が低下、摩擦や刺激に弱くなり、黒ずみやすくなってしまいます。
ハイドロキノンと併用して保湿をしっかりするのが、黒ずみ改善のコツですよ。

  1. お風呂に入り、わき全体を泡でやさしく洗う
    (泡で円を描くように洗ってください)
  2. わきに保湿剤を塗る
  3. ハイドロキノンをわき全体にやさしく塗る

脇は汗をかきやすい部分なので、ハイドロキノンを塗る前にしっかり洗うのが大切。
特に制汗剤を使用した日は、顔と同じようにクレンジングを使用するのがオススメです。

またハイドロキノンをわきに塗る時は、ムラがないように薄く伸ばすようにしてください。

わきの黒ずみはなぜ現れる?

わきの黒ずみは、保湿不足など処理後のお手入れ不足が最も多い原因。

またカミソリ、毛抜きの使用は皮膚を傷つけて、黒ずんでしまいます。
処理方法は、刃が肌に触れにくい電動シェーバーがおすすめです。

いずれにせよワキのお手入れ後は、皮膚が弱っているのでハイドロキノンの使用は控えるようにしてくださいね。

ひじ・ひざ

  1. お風呂に入り、肌を柔らかくする
  2. ひじ、ひざに保湿剤を塗る
  3. ハイドロキノンをひじ、ひざの全体に塗る
ハイドロキノンをひじや、ひざに塗る際は、くるくる円を描くように優しく薄付けしてください。

ひじや、ひざの皮膚がゴワゴワと分厚くなっている場合は、ハイドロキノンを浸透しやすくするために肌を整えると◎
1週間に1度やさしくスクラブでマッサージする、または尿素クリームの使用がオススメです。

「尿素」は天然保湿成分って知ってた?意外な美容効果と正しい使い方!

「尿素」は天然保湿成分って知ってた?意外な美容効果と正しい使い方!

2020年5月27日
ひじ・ひざの黒ずみはなぜ現れる?

ヒジやヒザが黒ずむ原因のひとつは、摩擦です。
肘をついたり正座をしたり、脚にフィットするスキニーを日常的に履いていると摩擦によって皮膚が黒ずんでしまうことに・・・。

黒ずみ改善のためには、ハイドロキノンのケアと同時に日常生活の摩擦にも気をつけましょう。

ハイドロキノンで身体を美白するときの注意点

最後に、ハイドロキノンで安全に身体を美白するために注意したいポイントを解説していきます。

  • デリケートゾーンに塗る時は粘膜部分を避ける
  • 「ハイドロキノンを夜に塗る+翌日必ず日焼け止めを塗る」を徹底する
  • ハイドロキノンを塗った部分を擦ったり、掻いたりしない

陰部(VIO)の粘膜にはハイドロキノンを使わない

IラインやOラインなど粘膜部分へのハイドロキノン使用はNG

デリケートゾーンにハイドロキノンを使うときは、粘膜部分を避けるのが必須です。

粘膜は顔や身体に比べて皮膚の層が薄く、ハイドロキノンの強い刺激に耐えられません。
ハイドロキノン石けんで全身をケアする場合も、大陰唇から内側・肛門付近は避けてください。

Iライン・Oラインの黒ずみの解消には、デリケートゾーン用石けん・ソープがオススメ。
「粘膜近くは専用石けん、その他の部分はボディソープ」と使い分けるといいでしょう。
もしくは、デリケートゾーンに使える美白クリームを使うのもアリです。

自己判断するのが不安な方は、皮膚科やクリニックで処方してもらってくださいね。

摩擦などの黒ずみは保湿で改善できる可能性が高い

トイレットペーパーや下着といった、摩擦による黒ずみは保湿で改善できる可能性が高いです。

擦れたり、圧迫されたりした黒ずみは、皮膚の表面に黒ずみが色素沈着を起こしている状態。
たっぷり保湿してターンオーバーを促進すれば、徐々に色を薄くできます。
(参考:ターンオーバーと美白の関係性とは?今すぐできる肌の生まれ変わりを助ける方法

ケアアイテムは、保湿クリームやオイルを選ぶと使いやすいでしょう。
特に下記の成分が配合されているアイテムがオススメです。

※タップ・クリックで詳細ページへ移動します。

さらに、美白成分も配合されているとベターです。

※タップ・クリックで詳細ページへ移動します。

また、エタノールや合成着色料といった添加物が配合されていない商品だとなおよし。
粘膜部分はよりデリケートなので、できるだけ刺激の少ない、保湿力の高いアイテムを選んでくださいね。

市販薬を使ったデリケートゾーン保湿のやり方!乾燥の悪化で炎症・感染症の恐れも…

【医師監修】デリケートゾーンの乾燥を放っておくのはNG!市販薬を使った保湿のやり方・対処法

2020年7月3日
美白と保湿の関係性って?年齢ごとの肌悩みとオススメ美容成分についても解説

美白と保湿の関係性って?年齢ごとの肌悩み&オススメ美容成分もまとめて解説◎

2020年5月27日

夜に使用+翌日の紫外線対策を徹底する

紫外線による肌トラブルを避けるためにハイドロキノンは夜に塗り、翌日は必ず日焼け止めを塗って過ごす

身体にハイドロキノンを使う場合は、「夜に塗る+翌日のUV対策」のルールが鉄則。

ハイドロキノンが肌についた状態で紫外線に当たると、シミが濃くなったり、肌荒れしたりしかねません。
特に背中など広範囲に塗る場合は、必ず夜に使用するようにしてください。

さらに、ハイドロキノンを塗った翌日は紫外線対策を徹底するのも重要です。
たっぷり保湿したあと、必ず日焼け止めを塗って外出してください。

その上で積極的にUVカットするように努めましょう。

  • SPF30以上の日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす
  • 上着を着る
  • できるだけ直射日光を避ける など

【ハイドロキノン使用中の日焼け止め・UVケア決定版】

また、レジャーなど長時間日差しに当たる前日にハイドロキノンは塗らないでくださいね。

ハイドロキノンに潜む副作用って?美白する上で注意すべきリスクを理解しよう

【医師監修】ハイドロキノンの副作用でシミが濃くなる?肌トラブルの対処法と安全に美白するコツ

2020年5月27日

塗った部分を刺激する服装や姿勢を避ける

ハイドロキノンを塗ったところをこすったり、圧迫したりしない

美白効果を最大限に引き出すには、ハイドロキノンを塗った部分を刺激する服装や姿勢を避けるのも大切。

ハイドロキノンを使った部分は、普段よりも刺激に敏感です。
摩擦を受けると色素沈着を起こして、かえって黒ずみが進行してしまう可能性も…。

  • ひざに使用…正座をしない
  • Vラインに使用…きつい下着をはかない
  • カラダ全体に使用…しめつけのない服を着る

など、日常で起こる摩擦を避ける工夫をしてくださいね。

ハイドロキノンは顔だけでなく、全身に塗って美白することもできます。

ただし漂白作用が高い分、肌への刺激も強いので、使用部位によって「濃度や種類を使い分ける」のが重要。
安全に使うためのポイントも含めて、最後にまとめをチェックしておきましょう。

【全身に使うハイドロキノンの選び方】

▼カラダ全体のくすみに使う
→濃度3%以下の安定型ハイドロキノンがオススメ

▼部分的に使う場合

▽腕・足・背中

  • 安定型ハイドロキノンなら10%まで
  • 純ハイドロキノンなら6%まで

▽脇・お腹・陰部付近

  • 安定型ハイドロキノンなら8%まで
  • 純ハイドロキノンなら3%まで

【全身にハイドロキノンを使うときの注意点】

  • 使用前に必ずパッチテストをする
  • IラインやOラインなど、粘膜部分を避ける
  • 「夜に塗る+翌日のUV対策」を徹底する
  • ハイドロキノン使用部位に刺激を与えない

ハイドロキノンを使いこなして、透明感あふれるカラダを手に入れてくださいね。

 

部分的な集中ケアで選ぶなら
純ハイドロキノン5%のWhite HQ Cream

当サイト(melc)を運営するLANTELNOでは、濃いシミにお悩みの方をサポートするべく、部分的な集中ケア向けのハイドロキノンクリームを開発しました。※乾燥による

ランテルノ HQクリーム

White HQ Creamは純ハイドロキノンだけを濃度5%の専門機関レベルで配合し、顔や体の気になる点を”一点集中”でケアできる設計です。

エタノール・シリコーン・石油系界面活性剤その他不必要なものをカットして高品質を追求しているので、顔・体に使っていただけます。

さらにビタミンC誘導体(APPS)ビタミンAなど、ターンオーバーを整える成分もたっぷり配合。

スキンケアも効果も妥協できない方は、ぜひ1度お手にとってみてください。

LANTELNO公式サイトはこちら Amazonで商品詳細を見る 楽天市場で商品詳細を見る

 

■参考文献

渋谷 文則, 石井 美津子, 小峰 幸子, 海老 沼広, 高田 裕子, 大森 喜太郎,
12P-7-48 ヒドロキノンおよびトレチノイン軟膏のメラニン色素沈着症への適用 : 治療期間短縮を目指して』,
日本病院薬学会年会講演要旨集8 巻 (1998),p. 220.

スポンサーリンク