APPS効果なし…なんて言わせない!新型ビタミンC誘導体の美容効果を最大限引き出す方法を教えます◎

APPS効果なし…なんて言わせない!新型ビタミンC誘導体の美容効果を最大限引き出す方法を教えます◎

「たまに聞くAPPSって…本当に効果あるの?」
美容成分のAPPS、ネットや商品説明で見かける方も多いのではないでしょうか?

ビタミンC誘導体のAPPSは、美白を始めアンチエイジングにも効果が高いといわれています。
というのも、肌への浸透率はビタミンC誘導体の中でピカイチだから◎
ビタミンCが持つ“抗酸化”(=抗老化)作用が無駄なく肌に伝わると、今注目の美容成分です。

今回はAPPSの美容効果と使い方について余すところなく紹介していきます!
今の美白・エイジングケアでは足りない…と感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

【この記事でわかること】

  • APPS(アプレシエ)って何?他のビタミンC誘導体との違い
  • 「APPS効果なし」って噂はホント?裏ワザは「フラーレンとの併用」
  • APPSが肌にもたらす美容効果
  • APPSに副作用はある?肌への刺激はどう?
  • APPSはどこで手に入る?購入経路はココ

スポンサーリンク

APPSっていったい何者?ほかのビタミンC誘導体とはココが違う◎

APPSとは、ビタミンC誘導体の一種 ほかのビタミンC誘導体との違い →「水にも油にも溶ける」

冒頭の通り、APPSとはビタミンC誘導体の一種です。
(参考:ビタミンC誘導体の美白効果って?その他の美容効果から副作用まで解説します)
アプレシエとも呼ばれており、正式名称はパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na。
カンタンにいうと、これまでの”ビタミンC誘導体の進化系”です。

ほかのビタミンC誘導体との違いは、“水にも油にも溶ける”という点。※両親媒性と呼びます。)

というのも、今までのビタミンC誘導体は「水に溶けるもの」「油にとけるもの」の2種類しかありませんでした。
水と油のどちらか一方にしか溶けないビタミンC誘導体では、肌につけた時に弾かれてしまうのがネック。

しかし、APPSは弾かれることなく、肌の水分や油分にも溶けてくれるんですね。
肌の表面で弾かれる(無駄になる)ことなく、肌の真皮まで浸透してくれるというワケです。

その特徴から、数あるビタミンC誘導体の中でAPPSはもっとも効果が高い・わかりやすいと言われています。

APPSが真皮まで届くことのメリットって?

APPSが真皮まで届くことの最大のメリットは、エイジングケアに大きな効力を発揮すること!
詳しくは後述しますが、真皮まで届いたビタミンC誘導体はコラーゲン生成に役立ちます◎
APPSは、コラーゲン生成の材料となってシワやたるみを軽減してくれますよ。

「APPSは効果なし!」その口コミの理由とは?

効果が高いとうたわれるAPPSですが、「効果なし」という口コミもしばしば見かけます。
その原因は、APPSの“酸化しやすい”というデメリットのせい。

APPSは熱や空気に当たって酸化すると、その効果を発揮しきれません。
「APPSを使ってみたけれど、効果が感じられなかった…」という方はAPPSが酸化していた可能性があるんですね。

APPSの酸化を防ぐ為には、下記の対策が有効ですよ。

  • 開封後、1ヶ月ほどで使い切る
  • 信用できそうな会社のものを使う

美容のオールラウンダー!APPSの美容効果3つ

APPSの美容効果、主に3つあります。

①美白効果

APPSの美容効果① 美白効果 APPSは肌の奥までビタミンCを届け、シミを予防・改善

APPSの主成分であるビタミンCには、もともと美白効果が備わっています。
この美白効果は大きく分けて、予防・改善の2種類。

  • シミ予防
    →メラニン生成に必要な”チロシナーゼ酵素”を抑制する
  • シミ改善
    →濃色のメラニンを薄色の状態へ還元する
    →ターンオーバーを正常化してメラニンを垢として押し出す

ビタミンCはシミの予防・改善のダブルのアプローチができるものの、先述の通り浸透しづらいのがネックでした。
APPSは肌の奥までビタミンCを届けてくれるので、無駄なく肌に効果をもたらしてくれますよ◎

ビタミンCの美肌効果、ちゃんと知ってる?効果的な活用方法から摂りすぎの副作用までまとめました。

2019年10月3日

 

【シミの根源】APPSは活性酸素も除去してくれる!

さらにAPPSは、シミの根源である活性酸素を除去する効果を持つのが特徴。
※ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素

人間のカラダは呼吸をしたり、紫外線を受けると体内に活性酸素を生み出します。
活性酸素自体はウイルスからカラダを守る免疫機能ですが、増えすぎるとシミの原因になりかねません。

というのも、シミのもとになるメラニンを増殖させる原因が活性酸素だから。
歳を重ねるごとに活性酸素を除去する力は衰えてしまい、肌が酸化=シミが増えたり、老化したりしてしまいます。

APPSには”抗酸化作用”があるので、増えすぎた活性酸素を除去してシミを防止してくれるんですね◎

活性酸素の肌への影響

活性酸素とは?肌への影響と対策方法をドコよりもわかりやすく解説します!

2020年1月8日

②シワ・たるみを抑制する効果

APPSの美容効果② シワ・たるみを抑える効果 APPSのコラーゲン生成効果がシワ・たるみに効果的

APPSは、コラーゲン生成を促してシワ・たるみを抑制してくれます◎
(参考:【最新研究で判明】コラーゲンサプリ・化粧品の”効果ない”は覆される!)

カンタンに言ってしまうと、老化によるシワ・たるみは肌の酸化が原因。
歳を重ねるごとに蓄積した酸化ダメージは、肌のコラーゲンを破壊します。

肌細胞同士をなめらかにつなぎとめるコラーゲンが破壊されてしまうことこそが、シワ・たるみの原因です。

APPSは、以下2つの効果でシワを改善します。

  • シワを改善:コラーゲンを生成
  • シワを予防:酸化をダメージを軽減

特にコラーゲンを作っている真皮層にまで直接届く作用が、シワ・たるみに効果的なんですね♪

 

実際にAPPSのコラーゲン生成効果は、実験でも証明されていますよ。

アプレシエ®は高いコラーゲン合成の促進能を有しています。(中略)
アプレシエ®の極めて低い濃度領域においても顕著に高いコラーゲン合成促進能を示しました。

(出典:昭和電工 アプレシエ®

実際に肌へ使用した場合のの実験でも、目視でシワが減ったことが分かっています。

③皮脂の分泌を抑える効果

APPSの美容効果③ 皮脂分泌を抑える効果 皮脂の過剰分泌によって起こる黒ずみ・毛穴開きに◎

APPSには過剰な皮脂の分泌を抑える効果もあります。
特に皮脂の過剰分泌によって起こる黒ずみ・毛穴開きにも、APPSは効果大◎

  • 毛穴の黒ずみ
    →APPSの抗酸化作用で黒ずみ作らせない
  • 開き毛穴
    →APPSが皮脂を抑えて毛穴の広がりを防止

おでこ、鼻周りがべた付く・テカるという方にも、APPSの使用がオススメですよ♪

APPSの効果を高めるには…フラーレンとの併用が有効!

APPSの効果を最大限に高めるには、フラーレンとの併用がオススメです!

フラーレンとは?

フラーレンとは、炭素分子を元にした成分。
ビタミンCの約172倍の強い抗酸化作用を持っているのが最大の特徴です。

さらに、シワや毛穴目立ちを改善する美容効果もあります。

フラーレンの美容効果まとめ

フラーレン(C60)は”効果なし”ってホント?炭素がもたらすエイジングケア&美容効果とは

2019年9月13日

 

フラーレンとAPPSを併用することのメリットは、APPSの浸透率UPにアリ!
APPSが美容効果を最大限に発揮するには、真皮層へ成分を届かせるのが必要不可欠です。

ただAPPSは酸化しやすいので、そもそも肌内部に活性酸素が多いとAPPSが無力化してしまいます。

そんなとき、フラーレンはAPPSに先回って活性酸素を吸着。
APPSの酸化を防ぎ、肌の奥まで成分を届けるのをサポートしてくれます◎

つまり真皮層に直接APPSを浸透させてくれるので、コラーゲン生成やターンオーバー促進で高い効果を得られるというわけです。

よりエイジングケアに力を入れたいなら、APPS+フラーレンの使用を試してみてくださいね♪

 

▼APPS+フラーレンの効果はこちらで詳しく解説しています↓

エイジングケアの王様!APPS+フラーレンの相乗効果はいかほど?

エイジングケアの王様!APPS+フラーレンで抗酸化作用を使いこなそう♪

2019年12月18日

APPSはどこで手に入るの?ドラックストアなど市販で購入できる?

APPSの購入方法は… ネット通販・美容皮膚科で入手可能! 化粧水やローションなど化粧品での販売が主流

APPSは、美容皮膚科・ネット通販などで入手OK◎
多くは化粧水やローションなど化粧品として販売されていますよ。

反対に、ドラックストアなど市販では、ほぼ購入できないので要注意。
酸化しやすいAPPSは陳列中に効果を失ってしまう可能性が高いので、ほとんど店頭には出回っていません。

  • 酸化しないように保存する
  • 必要な時だけ調合する

上記のように、美容皮膚科やネット通販では品質を保つ工夫がされているので、問題なく使えますよ。

ネット通販

APPSを購入するなら、ネット通販が1番手軽です。

保管中の酸化を防ぐため、濃度は1%程度のものがほとんど。
一見低濃度に思えますが、1%程度の配合でもしっかり効果を発揮してくれるので問題ありません。

  • 日に当てない
  • できれば冷蔵庫保存
  • 蓋をキチンと閉める

などを気を付けて管理するように心がけましょう。

粉末のAPPSについて

APPSには、ローションだけでなく粉末のタイプも販売されています。
粉末のAPPSの利点は、液体のものより酸化しづらいところ。

使いたいときだけ化粧水やグリセリンに溶かして使いましょう。

ただし、雑菌の繁殖を防ぐためにも下記の3点を守って使ってくださいね。

  • 清潔なビンに作る
  • 冷蔵庫で保存する
  • 一週間ごとに作り直す

美容皮膚科

APPSは、美容皮膚科で処方してもらうこともできます。

ただし、受診料も含め少し値段が高めなのがデメリット。
受診する皮膚科にもよりますが、APPS100mlで4,000円程度することも…。

そのかわり、先生の手が届くところで管理されているため、高品質な製品を処方してもらえます。
「アンチエイジングにお金をかけたい」「一度、ちゃんと皮膚科で診てもらいたい」という方にはオススメです!

 

APPSをイオン導入できる皮膚科も◎

皮膚科の中には、APPSをイオン導入してくれる施術もあります。
イオン導入とは、皮膚に微弱な電流を流して成分をより浸透させる施術のこと。

これにより、APPSを短時間で深く浸透させることが出来ますよ◎

ただし下記に当てはまる方は施術を受けられない場合があるので、あらかじめ相談しておきましょう。

  • ペースメーカーの方
  • 妊娠している方
  • 心臓病の方

APPSの副作用はある?肌への刺激性について解説

APPSは目立った毒性などはないので、大きな副作用はありません。

また肌への刺激・乾燥についても大きな心配はないでしょう。

外用塗布で真皮まで浸透するAPPSは真皮でビタミンCに活性化し、コラーゲン合成で重要な役割を果たします。(略)肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろん、長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。

(出典:医療法人 瀬戸内科医院 ブログ)

 

ただし、赤みやピリピリ感を感じる可能性があるので、様子を見ながら使用してください。

  • 過度な乾燥肌・敏感肌の方
  • ビタミンC誘導体そのものが肌に合わない方

 

APPSは美白・アンチエイジングに効果の高い美容成分。
コラーゲン生成やターンオーバー、毛穴の引き締めなど、美しい肌を保つのにもってこいです◎

最後に、APPSの基礎知識についてもう一度おさらいしておきましょう。

✔APPSとは?

→水にも油にも溶けるビタミンC誘導体。
肌の真皮層にまで成分が届くので、美容効果が高いのが特徴。

 

✔APPSの効果

  1. 美白効果
  2. シワを抑制する効果
  3. 皮脂の分泌を抑える効果

 

✔APPSはどこで手に入るの?

  1. ネット通販
  2. 美容皮膚科

なかなか市販されておらず手が伸びづらいAPPSですが、その効果はお墨付き◎
より高い効果を求める方は、フラーレンと併用するのをオススメします!

美白やアンチエイジングで実感力がほしい」という方は、ぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク