MENU閉じる

White HQ Cream

紫外線ダメージを集中ケア
ホーム製品情報純ハイドロキノン5%配合 ホワイトHQ クリーム

さあ、素肌を迎えに
コンシーラはもういらない

White HQ Cream
眠るあいだに
輝く肌へ。

White HQ Cream

純ハイドロキノン成分を 究めた1本。
HYDROQUINONE

満足できる”濃度”で
純ハイドロキノン成分を肌に届ける

ビタミンCやコウジ酸に比べ、100倍もの実力があるとされるハイドロキノン。その実感力は”敵なし”と言われるほど圧倒的優秀な成分で、国際的にみとめられ、各国で使用されています。

WhiteHQCreamはそんな純ハイドロキノンを5%配合。
専門機関・医療機関で使われている本格的濃度が、あなたのくすんだ点※へアプローチします。(※乾燥による)

HYDROQUINONE

安定型ではない
”純ハイドロキノン”成分へのこだわり

ハイドロキノン成分は酸化しやすく、非常に扱いにくいものとされています。そのため近年では安定性が重視され、”安定型ハイドロキノン”という成分が開発されました。

しかしこの成分は純ハイドロキノンに、他の成分が複合されつくられたもの。純ハイドロキノン自体の濃度は薄まってしまいます。濃度の差を比べると、その違いは3倍。安定型5%のハイドロキノンクリームに含まれた純ハイドロキノン成分は1.5%程度の配合になっています。

ですからWhiteHQCreamは実感力を追及するため、純ハイドロキノンにこだわりました。

HYDROQUINONE

安定性も抜群
実感力を追及した1本に仕上げています

市販・通販問わず、ほぼ全てのハイドロキノンクリームは、水がベースで設計されています。しかし水をベースにしてしまうと水分量が多くなり、すぐに酸化してしまい、安定性を保つことができません。

このハイドロキノンの酸化しやすいデメリットを解消するため、WhiteHQCreamは独自のベースで設計。グリセリン(保湿成分)をベースにすることで安定性を極限まで保つことに成功しました。

成分・製法・濃度、全てにこだわった美容クリームです。

※ハイドロキノンクリームは水分・油剤を調合しつくられているため、分離して水分だけが出てきてしまう可能性がございます。分離した状態になっても水分・油剤ともにハイドロキノンが溶けこんでおりますので、製品の効果自体に遜色はございませんのでご安心ください。

肌が喜ぶ、12の成分・7つのフリー

もっと贅沢に、
もっと欲張りに

集中ケアで、狙い撃ち
今日から一気に、
紫外線ダメージを挽回

ビタミンC誘導体※(APPS)
ビタミンA誘導体(※パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
(※パルミチン酸レチノール)

従来のビタミンC誘導体より100倍の浸透力をもつAPPS。
水に溶けやすく、皮膚の細胞と細胞の隙間に入ることができ、紫外線ダメージから肌を守りながら攻めの成分としても欠かせない成分です。
また、ビタミンA誘導体も同時配合することで、さらに浸透率を上げなら、エイジング肌の底上げも可能にしました。

ぎゅっと逃さず、
しっかり密着保湿を究めた6大成分

ヒト型セラミドEOP・ヒト型セラミドNG・ヒト型セラミドNP
ヒト型セラミドAP・水溶性コラーゲン・プラセンタエキス

保湿成分の中でも圧倒的な実力をもつセラミド。
その中でも、特に保湿効果に優れたヒト型セライドを贅沢に配合しました。(旧名ヒト型セラミド1~6Ⅱ)

さらに、うるおいを守る役割を果たすコラーゲンや、細胞の衰えを守るプラセンタエキスを贅沢に配合し、内側からの保湿効果はもちろんのこと、外からも高いバリア機能・保水機能が期待できるようにこだわりました。

肌に最高の贅沢を与える、
幹細胞のチカラ

リンゴ果実培養細胞エキス
奇跡のリンゴ、ウトビラー・スパトラウバーの果実を配合。抗酸化力に優れ、肌老化をふせぎます。
ブドウ果実細胞エキス
フランスで栽培されいる希少品種「ガメタンテュリエ」種のブドウから培養したエキス。
紫外線からのダメージをケアしながら、表皮幹細胞の活力を増大させます。
アルガニアスピノサカルス培養エキス
モロッコの希少植物アルガンツリーの幹細胞エキス。世界初、真皮幹細胞を賦活し、肌の最深部からアンチエイジングを促します。

サポートし、元気に導く
植物のチカラ

カンゾウ根エキス

非常に優れた抗炎症作用を持つ甘草エキス。

抗アレルギー作用、創傷治癒
促進作用、刺激緩和作用、
抗菌作用など、幅広く力強いパワーをもちあわせているため
市販~医療現場までさまざまなものに採用されています。

7つのフリー
「少しでもお肌にかかる負担をへらしたい」
1人でも肌に悩む多くの女性に使ってもらうために、
不必要なものは全てのぞいた処方をしています。
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • エタノール
  • 石油系界面活性剤
  • シリコーン
  • 紫外線吸収剤
  • パラベン

White HQ Creamのご使用方法

シミ・くすみの原因にアプローチしてくれる<ハイドロキノン>を5%配合したクリーム。
乾燥をケアしながら、シワ・たるみなどエイジングケアも同時に可能とし、くすみのないハリのある肌へと導きます。

ご使用順

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • White HQ
    Cream
  • 日焼け止め
    (外出時)
ご使用期間・頻度

気になる箇所に、3ヶ月~6ヶ月間使用し、経過を確認してください。
(経過状況には個人差がございます。)

夜のみ1日1回の使用を推奨いたします。
1日2回以上使用される際は必ず肌の経過を慎重に観察しながらご使用ください。

ご使用方法

洗顔後、化粧水や美容液などでお肌を整え、最後にWhiteHQCreamをご使用ください。
ご使用量の目安は、お悩みの箇所が白く薄くみえなくなる程度です。
お肌になじませる時は軽くポンポンと置いてください。
※かるくなじませるとWhiteHQCreamは乳白色に変化しますが、自己乳化している反応ですので、ご安心ください。
お悩みの箇所からクリームがはみ出てしまった場合は、綿棒などで拭き取ってください。

使用上のご注意

使用上のご注意を必ずお読みいただいたうえでご使用ください。
ご使用箇所

気になる箇所のポイント用クリームとしてご利用ください。
全顔、身体への使用は推奨しておりません。
また、傷やはれもの、湿疹等異常のある部位にはお使いにならないでください。

ご使用に確認が必要な方

アトピー性皮膚炎、ケロイド体質、皮膚に炎症のある方、
その他皮膚疾患をお持ちの方、妊娠中・授乳中の方は、医師にご相談の上、ご使用ください。

ご使用前のお約束

ハイドロキノンは体質によりお使いいただけない場合がございます。
使用前には必ずパッチテストをおこなってください。

ご使用中の注意事項

ハイドロキノンクリームを使用することで、肌に赤みが生じたり、皮がむけることがございます。
赤みは1日~2日以内にひいてくことがおおくみられますが、ご不安な時は使用を一時的にストップしてください。

● 使用中に赤みがひかない、かゆい、かぶれがある、など、肌の異常が見られた・続く場合はすぐに使用を中止し、お近くの専門医療機関(皮膚科)を受診ください。
使用して2~3日後に症状がでる方もいらっしゃいます。
肌の様子を見ながら、慎重に使用してください。

● 塗布後、紫外線にあたる際(可能性がある場合)は、SPF20以上の日焼け止めをご使用ください。
塗布後は紫外線の影響を受けやすい状態となります。

● 同じポイントへの1年以上に渡る長期使用は避けてください。

保管・取扱方法

開封後は3ヶ月以内にご使用ください。

ハイドロキノンは酸化しやすい成分です。(※安定性テスト済み)万が一酸化してしまうと肌へのトラブルがおきかねませんので、開封後は3ヶ月以内にお使いきってください。
(画像:ハイドロキノンが酸化したもの)

直射日光は避けて保存してください。

品質良く保つには、冷蔵環境で保管いただくことをおすすめいたします。
よくあるご質問・お問い合わせ内容
なぜ夜だけの使用が良いのですか?
ハイドロキノンはビタミンCなどの一般的な有名成分に比べ、約100倍の効果があるとされております。 お肌にかかる負担も増えますため、夜のみのご使用をおすすめしております。
出かける際の日焼け止めは必須ですか?
はい。ご使用ください。ハイドロキノンの使用期間中は、塗っていない時でも、肌がデリケートになっている状態です。 紫外線のダメージを直接感じてしまうことで、悩みがより悪化してしまう恐れがあります。ご使用されない昼間も日焼け止めを塗り、紫外線対策は十分におこなってください。
サイズが小さい理由は何ですか?
ハイドロキノンは酸化しやすい成分のため、安全性を考え、半年以内に使い切れるサイズで製品化しております。 ※冷蔵保管3年テスト試験済み 配合濃度が高ければ高いほど酸化のスピードも早くなるため、お取り扱いは十分にご注意ください。 どんなに安定性があるものでも、品質を保つためには冷蔵での保管をお勧めします。
全顔に使えますか?
WhiteHQCreamは気になる部分にご使用いただくケアアイテムになります。 全顔へのご使用はお控えください。
水がでてきました。品質は大丈夫?
WhiteHQCreamは水分・油剤を調合しておりますので、分離して水分だけが出てきてしまう可能性があります。 分離した状態になっても水分・油剤ともにハイドロキノンが溶けこんでおりますので、製品の効果自体に遜色はございません。
使用頻度と期間どのくらいですか?
夜寝る前に気になる部分へご使用ください。 ご実感いただくために3ヶ月以上のご使用をおすすめしています。 肌の様子を見ながら、1ヶ所につき最長6ヶ月を目安にご使用ください。 ※効果には個人差がございます。
どんな肌質でも使えますか?
敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方、ケロイド体質の方は、必ずかかりつけの医師へご相談の上ご使用ください。 また、アレルギーをお持ちの方、敏感肌の方は、使用前に必ずパッチテストをしてください。
使用できない時はどんな時ですか?
妊娠中・授乳中はホルモンバランスが不安定でお肌が敏感になっておりますので、ご使用をお控えください。
冴え渡る透明感
攻めの成分で紫外線をダメージを撤回
徹底的に肌を守る保湿成分
幹細胞エキスで肌に贅沢を与える
サポート成分のチカラをかりながら肌を元気に導く
7つのフリーで肌への負担も軽減
White HQ Cream
毎日安心してご使用ください
White HQ Cream
ご購入はこちら